【三重県桑名市】食ロス問題の周知から解決への対策を検討

桑名市 市民環境部 環境対策課

のこさずくわな! 世帯数約6万 担当部署:市民環境部 環境対策課

導入前の運用と課題を教えてください。

食品ロスについて桑名市では市ホームページや広報誌、環境学習等で啓発をおこなっていました。市民の間でも解決すべき問題であるという認識が広がってきてはいるものの、解決に向けて他にどのような取組があるか、なかなかこれといった対応方法がない状況でした。

 

導入検討のきっかけは何ですか?

家庭系食品ロスよりも多く発生している事業系食品ロスについて、対策を講じることができないかと検討していました。

 

「タベスケ」をお選びいただいた決め手は何ですか?

・登録や予約などをインターネット上でできること。
・食品ロスの課題解決に向けて自治体が導入しやすいシステムであること。
・協力店やユーザーに費用がかからないこと。

 

導入後にどのような効果がありましたか?

協力店からは、本来廃棄するものを廃棄せずに済むので助かっているとの声をいただいています。

 

今後の活用について展望をお聞かせください。

協力店を増やしていくことで、食品ロス削減につなげていきたいと思います。

 

システムの詳細は下記よりご覧ください。

システム詳細を確認する

タベスケ

関連事例

  1. 【奈良県橿原市】外国語版アプリの翻訳対応や市ホームページとの連携システム構築

  2. 【三重県伊賀市】収集日をお知らせする通知機能により「ごみの出し忘れ防止に役立つ」と市民の皆さまから好評

  3. 【京都府木津川市】近年は災害も多く、より迅速に情報を届けたいと考えていました