【全部知ってた?】キャッシュレス決済の種類と活用事例を徹底解説!

いまやスタンダードともいえるキャッシュレス決済ですが、その定義や詳細な分類などについてはあまり知られていないかもしれません。

この記事では、キャッシュレス決済の概要やメリットやデメリット、使用シーンの事例などについて詳しく紹介します。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済はすでに多くの人が利用していますが、その定義や特徴、メリット・デメリットなどについて意識したことがない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、キャッシュレス決済の概要や種類など、基本的なことについて紹介します。

キャッシュレス決済の定義と特徴

キャッシュレス決済とは、現金を使わずにおこなう決済方法のことです。クレジットカードやデビットカード、電子マネー、モバイル決済アプリなど、さまざまな種類があります。

それぞれに共通する特徴としては、スピーディー、かつ簡単に支払いができる点や、現金のやり取りが不要で衛生的であることなどが挙げられます。

また、支払い履歴が電子的に記録されるため、家計管理がしやすくなる一面もあり、活用次第ではライフスタイルに好影響を与えるでしょう。

キャッシュレス決済のメリット

キャッシュレス決済のメリットは多数あります。

まず、支払いがスムーズにおこなえるため、レジでの待ち時間を短縮しやすくなるという、タイムパフォーマンスへの好影響が挙げられます。

また、現金を持ち歩く必要がなくなるため、紛失や盗難のリスクが軽減できることもメリットでしょう。

経済面で見れば、ポイントやキャッシュバックなどの特典が付くことが多く、ユーザーにとって嬉しいメリットが少なくありません。

前述の通り、利用履歴が残ることもメリットです。家庭や企業を問わず、支出入の記録が従来よりも簡単になり、正確性も向上するでしょう。

キャッシュレス決済のデメリット

キャッシュレス決済にはデメリットも存在します。

まず、インターネット環境やキャッシュレス決済に対応したデバイスが必要であり、技術に不慣れな人が使いにくさを感じることが挙げられます。

また、セキュリティのリスクも無視できません。情報漏洩や不正利用の被害に遭う可能性があるため、利用時や管理には注意が必要です。

実際に利用するシーンにおいても、対応している店舗や場所、条件が限られる場合があり、現金が全く不要になるわけではありません。

キャッシュレス決済の主な種類

キャッシュレス決済には多くの種類があります。

クレジットカードやデビットカードはもっとも一般的でしょう。日本だけではなく、世界中で広く利用されています。

電子マネーには、プリペイドカードや交通系ICカードなどがあり。モバイル決済アプリでは、Apple PayやGoogle Pay、LINE Pay、PayPayなどが代表的です。

それぞれの決済方法には独自の利便性や特徴があり、ユーザーは個人のニーズに合わせて使いやすいものを選べるでしょう。

電子マネーの種類

キャッシュレス決済ではさまざまな方式の電子マネーやコード決済が利用されています。ここでは、代表的な電子マネーやコード決済について見てみましょう。

プリペイド方式の電子マネー

プリペイド方式の電子マネーは、事前にチャージ(入金)した金額を使って支払いをおこなうシステムです。代表的なものには、SuicaやPASMO、楽天Edyなどがあります。

あらかじめ指定された端末やアプリでチャージをしておき、利用時にはその残高から支払われるようになっています。

プリペイド方式はユーザーがお金を使い過ぎる心配を軽減しやすく、決まった範囲内での支出管理ができるという点が大きなメリットです。

後払い方式の電子マネー

後払い方式の電子マネーは、利用した分の支払いを後日おこなう形式です。代表的なものには、クレジットカードに紐付けたApple PayやGoogle Payなどがあります。また、前述のSuicaやPASMO、楽天Edyでもこの方式での支払いが可能です。

後払い方式のメリットは、チャージの手間が不要であることや、利用金額が後からまとめて請求されるため、現時点での現金が不足していても支払いが可能になる点です。

ただし、利用ごとの金額を把握することが難しいため、ユーザーは計画的に利用する必要があるでしょう。

QRコード決済

店舗側が提示するQRコードをスマートフォンのカメラで読み取るか、逆にユーザーがアプリ上に表示したQRコードを店舗側がスキャンして支払いをおこないます。

代表的なアプリには、PayPayやLINE Pay、楽天ペイなどがあります。

QRコード決済のメリットは、専用の端末が不要で導入コストが低い点や、スマートフォンさえあればどこでも手軽に支払いができる点が挙げられるでしょう。

ICカード決済

ICカード決済は、ICチップを内蔵したカードを使っておこなうキャッシュレス決済の方式です。交通系ICカードのSuicaやPASMO、クレジットカードに搭載されているFeliCaチップを利用した非接触型決済が代表的です。

ICカードを専用の読み取り端末にかざすだけで支払いが完了するため、スピーディーな決済が可能になっています。

スマートフォン決済

近年、キャッシュレス決済のなかでも手軽さが注目され、人気を集めているのが、スマートフォンに搭載したアプリを介して決済するスマートフォン決済です。

ここでは、スマートフォン決済でシェアが多いいくつかのアプリをご紹介します。

Apple Pay

Apple PayはiPhoneやApple Watchに搭載された決済サービスです。クレジットカードやデビットカードをApple Walletに登録し、対応店舗で非接触決済をおこなえます。

指紋認証や顔認証によるセキュリティが強化されており、安全な支払いが可能です。

また、交通機関やオンラインショッピングでも利用でき、幅広いシーンで活用できるのはユーザーにとって利便性の高い一面でしょう。シンプルな操作性と高いセキュリティにより、多くのユーザーに支持されています。

Google Pay

Google PayはAndroidデバイスで利用できる決済サービスです。クレジットカードやデビットカードをGoogleアカウントに登録し、対応する店舗やオンラインショッピングで非接触決済をおこないます。

Google Payはシームレスな支払いが可能であり、利用履歴の管理も手軽です。アプリ内での送金や割り勘機能など備えており、友人や家族との間での金銭のやり取りがスムーズにおこなえます。

LINE Pay

LINE PayはメッセージアプリLINEに搭載された決済サービスです。クレジットカードや銀行口座を連携させ、手軽にチャージが可能になっており、QRコード決済やオンラインショッピングに利用できます。

キャンペーンやポイント還元が豊富な点もユーザーの人気を集める理由のひとつです。また、友人間での送金や割り勘機能も使いやすく、LINEの普及もあいまって、日常生活で活用するユーザーは少なくありません。

PayPay

PayPayは日本国内で広く利用されているQRコード決済サービスです。アプリにクレジットカードや銀行口座を登録し、チャージすることで利用できます。

対応する店舗が非常に多いこともPayPayの大きな特徴です。飲食店、コンビニ、ドラッグストアなど日常的なシーンのほか、オンラインショップや大型店舗などでも広く使われています。

また、定期的にキャンペーンが開催され、ポイント還元やキャッシュバックが受けられる点も魅力です。

キャッシュレス決済の事例

キャッシュレス決済は幅広いシーンでスタンダードな支払い方法になりつつあります。ここでは、各シーンでのキャッシュレス決済の事例について紹介します。

コンビニエンスストアでのキャッシュレス決済

コンビニエンスストアでは、キャッシュレス決済が広く普及しています。クレジットカードやデビットカード、電子マネー、QRコード決済など、多様な支払い方法が利用可能です。

レジでの支払いが迅速かつスムーズにおこなえるため、顧客の利便性が向上し、店舗の効率化にも貢献しています。

レストランでのキャッシュレス決済

レストランでもキャッシュレス決済が進んでいます。多くの方法が利用できますが、最近はレジでの混雑を避けるためにテーブルでの決済が可能な店舗も見られるようになりました。

顧客はスマートフォンを使って簡単に支払いができるため、会計の待ち時間が短縮され、ストレスの軽減につながります。

ネットショッピングにおけるキャッシュレス決済

ネットショッピングでは、キャッシュレス決済が主流です。クレジットカードやデビットカード、電子マネーの他にも、オンライン決済サービス(PayPalなど)が利用されています。

商品の注文から支払いまでを迅速におこなうことができるようになり、購入者の利便性が大幅に向上していることは間違いないでしょう。

公共交通機関でのキャッシュレス決済

公共交通機関では、ICカードやスマートフォン決済が一般的になっています。乗客は切符を購入する手間が省け、スムーズに乗り降りができるようになりました。

さらに、交通系ICカードは複数の交通機関で共通して利用できるため、遠方への旅行や出張時にも活用しやすい特徴を持っています。

公共事業でのキャッシュレス決済

公共事業でもキャッシュレス決済が導入されています。たとえば、水道料金や電気料金などの公共料金の支払いをオンライン対応にする自治体も増え始めました。

また、行政サービスの手数料支払いもキャッシュレス化が進んでおり、住民にとって便利なサービス環境が構築されています。

キャッシュレス決済の今後の展望

キャッシュレス決済は今後も活用されていくと考えられる決済方法です。今後の展望について考察してみましょう。

新たな技術の導入と発展

キャッシュレス決済は、新たな技術の導入と共にさらに発展していくでしょう。たとえばブロックチェーン技術がキャッシュレス決済に応用されれば、安全性と利便性がさらに向上すると考えられています。

実現すればより多くの人々が安心してキャッシュレス決済を利用できるようになり、ますますユーザーは増えるでしょう。

海外でのキャッシュレス化の進展

日本だけではなく、海外でもキャッシュレス化が急速に進んでいます。とくに中国では、QRコード決済が広く普及しており、現金をほとんど使わない社会になっているという状況です。

その他の国々でもキャッシュレス化が進んでおり、日本もその流れに乗っていくことが予想されます。

個人情報保護とセキュリティ対策

キャッシュレス決済の普及に伴い、個人情報保護とセキュリティ対策の重要性が増しています。情報漏洩や不正利用のリスクを低減するために、強固なセキュリティ技術の導入が必要です。

企業はこれを重視し、ユーザーが安心してキャッシュレス決済を利用できる環境を整備することが求められています。また、ユーザーもセキュリティに興味を持ち、知識を増やして実践することが重要になるでしょう。

 

関連コラム

  1. 「フードシェアリング」ってなに?

  2. 自治体ごとに違う!傘の正しい捨て方とは

  3. 【全部知ってた?】キャッシュレス決済の種類と活用事例を徹底解説!