【奈良県橿原市】外国語版アプリの翻訳対応や市ホームページとの連携システム構築

かしはらごみ分別アプリ 世帯数約5.2万 担当部署:環境企画課

導入前の運用と課題を教えて下さい。

過去は、ごみに関するお知らせ方法として、パンフレットやホームページ等により実施していましたが、情報提供の方法としては限界があり、ごみに関する問い合わせ数も非常に多いものとなっておりました。

 

導入検討のきっかけは何ですか?

新しい情報提供手段について検討していたところ、アプリが非常に利便性が高く、また現在の状況にも適っていると感じました。

 

「ごみスケ」をお選びいただいた決め手は何ですか?

ごみ分別事典、出し忘れ防止アラート、お知らせ通知といった様々な機能を持ち、動作性もスムーズであることから候補としました。また、外国語版アプリの翻訳対応や市ホームページとの連携システム構築に快く相談に応じてもらえたことも大きな理由です。

 

導入後にどのような効果がありましたか?

ごみに関する問い合わせ、特に年末年始の収集、持ち込みに関する問い合わせ等が減少し、利用者の方からも「便利です」「使いやすい」「助かります」等といったお褒めの言葉も数多くいただきました。

 

今後のアプリ活用について展望をお聞かせください。

アプリを改良し続けるとともに、今後、無料ごみ分別事典Web サイト「ごみサク」を公開することで、スマートフォンユーザー以外の方の便益も高められるよう取り組んでまいりたいです。

 

かしはらごみ分別アプリの詳細は下記よりご覧ください。

アプリ詳細を確認する

関連事例

  1. 【愛媛県久万高原町】ホームページと連携するアプリで二重管理防止

  2. 【奈良県奈良市】想定していた年齢層だけでなく、幅広い方が活用

  3. 【滋賀県湖北広域行政事務センター】ペーパーレス化にも繋がると思い検討しはじめました