【大阪府島本町】災害時には片付けごみの情報などを素早く発信することができました

島本ごみ分別アプリ 世帯数約1.3万 担当部署:環境課

導入前の運用と課題を教えて下さい。

ごみの分別については、年2回全戸に配布しています「家庭ごみの分け方・出し方」というチラシで住民の皆さまにお知らせしていました。しかし、紙面には限りがあるため、代表的なごみしか掲載できず、個々の品目については電話で問い合わせを受けており、その対応に時間を要していました。

 

導入検討のきっかけは何ですか?

近隣市でごみ分別アプリをリリースされたことがきっかけとなり、本町でもアプリの導入に取り組むこととなりました。

 

「ごみスケ」をお選びいただいた決め手は何ですか?

多くの自治体で導入実績があったので、安定した運用が期待できました。また、アイコンやアプリ内の背景画像を設定できることも魅力でした。ちょうど町のマスコットキャラクター「みづまろくん」がデビューしたところでしたので、みづまろくんの知名度アップも期待して、みづまろくんをアイコンや背景に設定しています。

 

導入後にどのような効果がありましたか?

アプリを利用された方からは、ごみの捨て方が調べやすくなったというお声をいただいています。ごみの捨て方のお問い合わせ電話がなくなることはありませんが、件数が多少減ったと感じています。また、災害時には片付けごみの情報などを素早く発信することができました。

 

今後のアプリ活用について展望をお聞かせください。

今はごみの分別方法や収集日のお知らせ機能など、ごみに関する情報のみを扱っていますが、観光情報や防災情報など、ごみに関すること以外の情報を扱うことも検討できたら、と思っています。

 

島本ごみ分別アプリの詳細は下記よりご覧ください。

アプリ詳細を確認する

関連事例

  1. 【愛媛県久万高原町】ホームページと連携するアプリで二重管理防止

  2. 【香川県丸亀市】ごみ出しの周知が難しい外国の方向け対策にアプリを導入

  3. 【滋賀県湖北広域行政事務センター】ペーパーレス化にも繋がると思い検討しはじめました