【奈良県奈良市】想定していた年齢層だけでなく、幅広い方が活用

奈良市ごみ分別アプリ 世帯数約16.5万 担当部署:廃棄物対策課

導入前の運用と課題を教えて下さい。

紙媒体のごみカレンダーを発行し、市民向けの広報と同時に配布をしたり、ごみ事典などを窓口にて配布したりと様々な形でごみに対しての関心を広めていこうと試みていました。しかし、読まずに捨てられてしまったりと特に若年層や単身赴任者などに対してもっとごみに関して関心を持ってほしいと悩んでいました。

 

導入検討のきっかけは何ですか?

特に若年層に対して、携帯アプリを導入することで関心を持ってくれたり、より身近により早く市民の方へ情報提供できると感じ検討しはじめました。

 

「ごみスケ」をお選びいただいた決め手は何ですか?

何社か検討した中でも機能性が高いことや、費用感も決め手でしたが、若年層をターゲットにするためにゲーム機能の対応をしていただけたことが大きかったです。

 

導入後にどのような効果がありましたか?

想定していた年齢層だけでなく、幅広い方が活用しています。公共施設のマップ機能も好評です。さらに公民館などでスマートフォン操作講座をしているのですがそこで「奈良市ごみ分別アプリ」を使わせてもらったりと様々な場面で重宝しています。

 

今後のアプリ活用について展望をお聞かせください。

お知らせプッシュ機能をもっと使い市民の皆さまへタイムリーな情報を届けていきたいです。また、奈良大学さんと協力して新入生の方を対象にアプリのチラシを配布し、ダウンロード数を増やすなどしてより多くの人に手にとってもらいたいです。

 

「奈良市ごみ分別アプリ」の詳細は下記よりご覧ください。

アプリ詳細を確認する

関連事例

  1. 【滋賀県湖北広域行政事務センター】ペーパーレス化にも繋がると思い検討しはじめました

  2. 【茨城県北茨城市】予防接種や健康管理で子育て支援を実現

  3. 【滋賀県大津市】位置情報と写真で詳細が把握できるので市職員側としてもかなり助かっています