【長崎県佐世保市】柔軟にカスタマイズできるので業務フローに合わせた効率化が可能

佐世保市 廃棄物減量推進課

佐世保市粗大ごみ収集予約システム 世帯数約12万 担当部署:廃棄物減量推進課

sodai-sys-logo

当市では粗大ごみ収集の受付業務を効率化するべく、オンライン受付が可能なシステムの導入を検討してきました。その際に重視したのは、移行に伴う職員の負担が小さいことと、導入や更新の費用を抑えやすいクラウド型であること。検討の結果、従来の業務フローに合わせて柔軟に機能をカスタマイズできるうえに、クラウド型である『ソダイシス』の導入を決めたのです。オンライン受付の導入に伴い、収集申込が24時間可能となったことから、住民の利便性の向上にもつながったと考えています。実際、令和4年10月の利用開始以降、オンライン申込は着実に増えてきており、すでに全体の10~15%を占めています。現在は、住民にとっての利便性をさらに高めるべく、オンライン決済の導入も検討しているところです。

システムの詳細は下記よりご覧ください。

システム詳細を確認する

自治体通信ロゴ

2023年9月15日に自治体通信にソダイシスを取り上げていただきました。
インタビュー記事はこちら

関連事例

  1. 姫路市 環境局美化部 リサイクル課

    【兵庫県姫路市】削減効果の「見える化」で、施策の効果測定が可能に

  2. 【東京都中野区】パーズシェアでまちづくりに地域住民の力を活用

  3. 江東区 清掃リサイクル課

    【東京都江東区】外国の方々や若年層、単身世帯への周知方法が課題だった