【宮城県仙台市 協力店インタビュー】マルシェをきっかけに来店数が増加

仙台市協力店インタビュー 熊さん麺ショップ

ワケルくんもったいないマルシェ 協力店舗名:熊さん麺ショップ

仙台市にて麺や餃子の販売をされている熊さん麺ショップ様。
タベスケ(仙台市サービス名「ワケルくんもったいないマルシェ」。以下もったいないマルシェ)をご利用いただいている背景や導入後の効果について伺いました。

もったいないマルシェの導入をご検討されるきっかけは何でしたか。

社長が何かの記事でもったいないマルシェを見て、登録してみたらという話から登録しました。
麺や餃子で消費期限が近いものや、期限はまだ先だけど動きや在庫状況から期限が切れてしまう可能性があるものを出品しています。

 

もったいないマルシェを使う前から、店頭で値引き商品を販売されていたのでしょうか。

はい。今も店頭で販売しています。
もったいないマルシェで出品するものは、消費期限が1週間程度のものです。期限が短いと予約が入らないこともあるため、店頭で販売します。
もったいないマルシェと店頭での販売品で同じものを出すときには、予約が入った分は先に確保して、店頭分はその都度置いて調整を図っています。

熊さん麺ショップ 値引き商品コーナー

 

餃子や麺はどのくらいの消費期限になるのでしょうか。

麺は大体1週間から20日くらい、 餃子は冷凍なので1年弱です。
ただ、倉庫にあって気づいたら期限が2~3ヶ月になっているものがあります。冷凍だと2~3か月でも短いので、出品対象になります。

 

ちなみに、お店の1番人気は何でしょうか。

ラーメンですね。 時期によって異なりますが、夏だと冷やし中華や冷麺、冬はそばが人気です。

熊さん麺ショップ 店舗内1

熊さん麺ショップ 店舗内2

 

導入時にご不安だったことと、実際に利用されてみてどういった効果があったか教えてください。

特に不安はなく、どのぐらい結果が出るんだろうと思っていました。
誰の手元にも届かず廃棄になってしまうのであれば、少しでも売れたらいいなぐらいの気持ちで出しています。
実際に使ってみて、出品時に毎回注文くださる方もいますし、もったいないマルシェをきっかけに来てくれるようになった方もいます。お店で会員カードをつくっていますが、もったいないマルシェで買いに来た時に作ってくださり、出品していない時に来てくださる方もいます。

 

最後に、今後のサービス活用について展望をお聞かせください。

これまで通り、食品ロスになりそうなものが出てきた際には使いたいと思います。

熊さん麺ショップ(熊さん株式会社)
http://www.kumasan-japan.co.jp/index.html

システムの詳細は下記よりご覧ください。

システム詳細を確認する

タベスケ

【ユーザーの方へ】
WEBページはこちらから
https://tabesuke.jp/users/

アプリダウンロードはこちらから
■App Store(iOS)

タベスケアプリ(iOS) ダウンロードQRコード


■Google Play Store(Android)

タベスケアプリ(android端末) ダウンロードQRコード

関連事例

  1. 姫路市協力店インタビュー SUN.1 外観

    【兵庫県姫路市 協力店インタビュー】口コミを聞いた知人からの勧めで利用開始

  2. 【香川県丸亀市】ごみ出しの周知が難しい外国の方向け対策にアプリを導入

  3. 所沢市 環境クリーン部 資源循環推進課

    【埼玉県所沢市】紙媒体の冊子配布からスマートフォンアプリへ