【三重県伊賀市】収集日をお知らせする通知機能により「ごみの出し忘れ防止に役立つ」と市民の皆さまから好評

伊賀市ごみ分別アプリ 世帯数約4.0万 担当部署:廃棄物対策課

導入前の運用と課題を教えて下さい。

アプリを導入する前は、紙媒体とPDF化したごみ収集カレンダーや分別ガイドブックにより市民の皆さまに周知・啓発を行っていました。しかし、ライフスタイルの変化などから多様化する市民ニーズに対応していくためさらに便利で分かりやすく伝えることができる新たな媒体を模索していました。

 

導入検討のきっかけは何ですか?

スマートフォンの普及が急速に増加している中で、ごみ分別アプリの導入が近隣の自治体をはじめ、多くの自治体に広がったこともあり、アプリでごみ収集日などが簡単に確認できる便利さに惹かれ導入を決めました。

 

「ごみスケ」をお選びいただいた決め手は何ですか?

他の自治体の導入実績が多く、導入費用が比較的安価であったことやiPhone とAndroid 端末のOS対応バージョンの範囲が広く、市民に幅広くご利用いただけるアプリでした。また、当市には分別の仕方が異なる2つの地域がありますが、お住いの地区を設定するだけで、その地区に応じたごみの出し方などの情報に変化するので、市内すべての収集地区に提供できるところが気に入りました。

 

導入後にどのような効果がありましたか?

収集日や分別方法を簡単に確認できるこのアプリは、中でも収集日をお知らせする通知機能により「ごみの出し忘れ防止に役立つ」と市民の皆さまから好評をいただいています。

 

今後のアプリ活用について展望をお聞かせください。

市民の皆さまに、ごみと資源物の分け方・出し方にお役立ていただけるよう情報発信の充実を図り、より一層のごみ減量化・資源化に取り組んでいきます。また、当市においても多国籍化が進んでいることから、外国語版アプリの構築を考えています。

 

伊賀市ごみ分別アプリの詳細は下記よりご覧ください。

アプリ詳細を確認する

関連事例

  1. 【滋賀県湖北広域行政事務センター】ペーパーレス化にも繋がると思い検討しはじめました

  2. 【大阪府茨木市】「茨木市の専用アプリ」として広報できるというのが魅力的で大きな決め手

  3. 【滋賀県近江八幡市】当時の担当者の方がとても熱心に導入に向けて一緒に考えてくれたのが大きいですね