【千葉県浦安市】地域猫制度の啓発・管理にシステムを導入

2016年11月 糸魚川生活応援アプリ「スマラクいといがわ」リリース 世帯数約7.5万

市内に生息する、飼い主のいない猫(地域猫)を適正に飼育・管理する「地域猫活動」をサポートするスマートフォン対応「地域ねこ情報アプリ“ニャンだぁ!らんど”」を運用

起動画面

機能

【パーズをベースにした地域猫管理機能】

●パーズ基本機能
お知らせ/イベント/記事地一覧/PDF/MAP/WebView/外部リンク等利用
●にゃんとアプリ機能
地域猫アクセスランキング/生息数グラフなど
●にゃんと業務システム
助成金管理/愛護員管理/地域猫管理など
等を利用してメニューを構成

MENU

カテゴリ

ポイント.パーズをベースに地域猫の助成金管理・啓発活動に活用

地域猫に関わる事務処理・管理だけではなく、「飼い主のいない猫」との共存について理解を深め、仕組みから課題を解決できるシステムを実現。地域猫にかかわる事務業務の効率化、生息数の可視化により、不幸な猫と住民の鳥獣被害を減らします。

ココが便利.地域住民とのコミュニケーションが欠かせない地域猫制度にアプリを活用

●“地域猫”という制度自体に対する認知度を向上させ、理解を深めることができます。
●猫好きにとっては、地域猫ランキングや生息MAPなど楽しめるコンテンツを用意。
●鳥獣被害に遭われている方によっては、生息数グラフ等により増やさないための成果を知ることができます。

さらに詳しく知りたい方は、アプリをダウンロードして実際にご覧ください。

[iPhone:appstore]

[Android:GooglePlay]

関連事例

  1. 【千葉県市川市】スマホだけでなくPCやスマホウェブ閲覧だけの利用者にも対応

  2. 【兵庫県三木市】現在自治会に加入しない世帯も増えており、ごみに限らず市からの情報が届かないことに課題

  3. 【滋賀県大津市】位置情報と写真で詳細が把握できるので市職員側としてもかなり助かっています