【大阪府箕面市】市内コミュニティバスの運行状況や市内イベント情報、市民安全情報等も確認できる

「箕面くらしナビ」 世帯数5.9万 担当部署:環境クリーンセンター

導入前の運用と課題を教えて下さい。

収集日の問い合わせが多く、市Web サイトや広報誌では、全市網羅的な案内しかできず、その方のお住まいの地域のごみの日がわかりにくいという課題がありました。また、ごみ以外の分野でも市からの情報発信も同様に、個々の市民の方が求める情報が見えづらいという課題がありました。

 

導入検討のきっかけは何ですか?

スマートフォンという「いつでも」「どこでも」「気軽に」情報が入手できるツールを最大限活用していく必要性が高まってきたことからアプリ導入を決めました。

 

「パーズ」をお選びいただいた決め手は何ですか?

直感的に情報がわかりやすいことです。また、市として様々な情報を発信する必要があるので豊富なカスタマイズ機能があるのも魅力のひとつでした。

 

導入後にどのような効果がありましたか?

本アプリでは、市内コミュニティバスの運行状況や市内イベント情報、市民安全情報等も確認できるので、日々の暮らしに役立つ情報ツールとして好評です。また、全国的に珍しい「ごみ収集車接近情報」も提供しており、この機能に注目される方も多いです。

 

今後のアプリ活用について展望をお聞かせください。

ごみの分野にとどまらず子育て・福祉・防災など多岐にわたって市民の皆さまが求める” ダイレクト” な情報を提供していくことが重要だと考えています。カスタマイズ豊富な「ごみスケ」はそれに応えられると期待しています。

 

関連事例

  1. 【福井県池田町】ツリーフロアーの導入による地域の活性化

  2. 【茨城県北茨城市】予防接種や健康管理で子育て支援を実現

  3. 【千葉県浦安市】地域猫制度の啓発・管理にシステムを導入