注意!スマホを売る時に必要なポイント

スマホを売る際には注意するべきポイントがいくつかあります。個人情報を守りながら、できるだけお得に売却できるよう、重要なポイントを把握しておきましょう。この記事では、スマホを売る前にするべきことやおすすめのスマホ買取サービスをご紹介します。

目次

スマホ売る時の注意点

スマホを売る時には買取価格や個人情報漏えいに対する対策が必要です。買取業者に連絡する前に、個人でしておくべきことを把握しましょう。

価格を比較する

スマホを売る時に重要になるのは、さまざまな業者の買取価格を比較することです。業者ごとに買取価格の設定に差があるため、自分が納得できる価格に近いかどうかをチェックしましょう。

また、できるだけ高額買取を希望しているのであれば、スマホの買取で何が重要視されるかを調べておくことも大切です。

たとえばスマホのカラー、端末の型番、スペック、ネットワーク利用制限、SIMロック解除などは買取審査で重点的にチェックされる項目になります。このようなポイント押さえておくと、価格相場を踏まえた希望価格が設定できるようになるでしょう。

中古品の状態を確認する

中古品の状態確認は、どの買取業者でも行います。いくつかの条件をクリアしていないと買取を断られるケースもありますので、以下のことを確認しておましょう。

まず、端末のキズや各種動作を丁寧に確認します。あまりにもキズが多かったり、適切な動作ができかったりする場合には、買取価格が下がる・買取できないといった可能性も考えられます。

また、AppleIDのログアウトや、おサイフケータイの登録情報を削除することも忘れないように気をつけてください。個人情報が削除されていない端末は、買取を断られる可能性が高くなります。

個人情報を削除する

個人情報の削除はスマホを売る時にもっとも重要です。確実に削除できるように注意しましょう。

端末の初期化は当然ですが、初期化だけでは個人情報の削除は完璧とはいえません。端末の初期化だけでは初期化できない機能としておサイフケータイがあります。おサイフケータイを利用していた人はこちらも必ず初期化しましょう。

また、マイナンバーカードのような電子証明書を利用していた場合には、自分で失効手続きをしておかなければいけません。デジタル庁の「マイナポータル公式サイト」を参考にして、売却前に必ず手続きを済ませてください。

※参考:マイナポータル公式サイト/デジタル庁

ほかにもSIMカードやSDカードの取り外し、データの暗号化などが必要です。データの暗号化は万が一本体に削除しきれなかったデータが残っていた場合に効果を発揮するため、設定画面のガイダンスに従って済ませておきましょう。

信頼できる買取業者を選ぶ

信頼できる買取業者を選ぶことも大切です。インターネットの口コミや、公式サイトなどに記載された販売実績を確認してみましょう。業者の対応や信頼性を判断する材料になります。

ただ、口コミはユーザーの私情や偏見が入っていることも多いため、参考程度にとどめておくとよいでしょう。

また、迷った場合、複数の業者に見積もりを依頼してみるのもよい方法です。複数の業者が出した査定額を比較することで、希望に近い買取条件を見つけやすくなります。

スマホ売却の手続き

実際にスマホを売却する時の手続きについて見てみましょう。買取業者によって多少異なる部分はありますが、おおむねこのような流れになります。

買取業者に申し込む

買取業者に申し込む場合、郵送による依頼または店頭持ち込みによる買取依頼いづれの場合でも、事前に連絡しておいた方がスムーズに売却手続きを進められるでしょう。

とくに買取希望者が多いと、買取審査まで時間がかかってしまう可能性があります。思わぬ時間を取られないよう、事前申し込みをしておくのがおすすめです。

必要書類を準備する

スマホを売る時には古物営業法にのっとり、本人確認書類が必要です。中古買取をする際には、書類を用いた本人確認が定められています。

ただし、査定額が1万円未満の場合はその限りではありません。査定後に1万円を超える場合、本人確認書類の提示が求められます。

本人確認書類として利用できる書類は運転免許証、マイナンバーカード、(外国籍なら)在留カードなどが一般的ですが、詳細は業者によって異なります。事前に確認しておくと安心です。

郵送または直接持ち込む

スマホの売却は、店舗へ郵送するか、店舗へ直接持って行く方法があります。売却方法によって査定価格は変わりませんので、自分の都合に合わせて選びましょう。

郵送の場合、送料や手数料について必ず確認しておくことをおすすめします。多くの業者は無料の傾向ですが、例外がないとは限りません。また、郵送方法も業者が指定している場合があります。こちらも忘れずに確認しましょう。

店舗持ち込みの場合は営業時間や待ち時間に注意しましょう。先にも少し触れましたが、査定希望者が多い店舗では、査定の順番がくるまで思わぬ時間がかかることがあります。事前予約ができる店舗なら、しておいた方が確実です。

査定結果と価格を確認する

査定結果と買取価格を確認し、納得できれば売却手続きに進みます。納得できない場合は一度断り、ほかの業者で改めて査定する方法もあります。

また、納得できたとしても、買取方法や支払い方法について疑問があれば必ず質問し、解消しておきましょう。スマホ売買は金銭が関わる商取引ですので、どんな小さなことでも疑問を残さないことが大切です。

スマホを売るメリット

スマホの売却にはいくつかのメリットがあります。とくに注目したいのは次の4点です。

資金を得ることができる

最初に思い付くメリットは、なんといっても「資金が手に入る」ということではないでしょうか。機種や本体の状態にもよりますが、ほとんどのスマホは安い買取価格になりません。

一定以上の高額になるケースも多いため、不要なものを手放す時の代金としては満足できる資金になるでしょう。人気が高い機種なら数万円になることもあり、場合によっては思った以上の金額になる可能性があります。

不要な機器を処分できる

スマホを含むデジタル機器の処分は予想以上に面倒です。政府が定める「金や銅などの有用金属を多く含む小型家電」にあたります。

これは処分する時に「捨てる」ではなく「リサイクル」が求められるカテゴリーです。「小型家電リサイクル法」の対象になるため、法に則った手続きで処分しなくてはいけません。

その点、業者買取なら手間が省けます。それどころかそれなりのお金にもなるため、お得なメリットだといえそうですね。

新しいスマホ購入の資金に充てられる

売却で支払われたお金を次のスマホの購入資金に充てられることもメリットです。

欲しい機種によっては予算が心もとないかもしれませんが、売却代金をプラスすればその悩みを解決しやすくなるでしょう。予定よりもグレードが高い新機種を購入できる可能性もあります。

リサイクルへの貢献

スマホの売却はリサイクルにつながります。「小型家電リサイクル法」にあるように、金や銅などの資源を無駄にせず再利用できるという環境に有用な方法です。

また、手放す機種はほかの誰かが欲しいと思っているものかもしれません。あきらめていた機種が中古でも手に入れられることは、誰かにとって嬉しいプレゼントになるでしょう。

売らない方がいい場合

スマホの売却はメリットが多いのですが、逆に売らない方がいい場合もあります。とくに次の4点に当てはまる場合、売却を一度考え直すべきかもしれません。

データが完全に削除できない場合

基本的にスマホのデータは正確な手順を踏めば削除できます。しかし、場合によっては例外があるかもしれませんし、人によっては削除の仕方に自信が持てないこともあるでしょう。

個人情報保護の観点から考えると、そのような場合は売却をおすすめできません。

それでも手放したい、売却したいと考えるのなら、データ削除サービスを提供している業者を探すのもよい方法です。ただし費用が発生することもあるため、事前に確認しておきましょう。

修理やメンテナンスが必要な場合

故障していたり、明らかな不調があったりするスマホは、買取査定で断られる可能性が高くなります。

業者によっては修理やメンテナンスを前提として引き取るケースもありますが、その場合、査定価格が大幅に下がる・無料引き取りになるといった可能性がないとはいえません。

古すぎて買い取ってもらえない場合

古すぎる機種は買取を断られるケースがあります。こちらも業者ごとに対応が異なるため、確認だけはしてみましょう。

なお、業者の方針によっては古くても買取可能なこともあります。金や銅のリサイクル目的であったり、古い機種でも動けばよいと考える層が顧客にいたりするなどの理由です。

引き続き使用する予定がある場合

一度売ったとしても、後で買い戻してまた使いたいと考える人もいるかもしれません。しかし、すぐに買い戻そうとしても、すでに中古品として売られている可能性があります。

引き続きその機種を使いたいと考えているのなら、売却しない方がよいでしょう。

おすすめのスマホ買取サービス

全国の自治体と連携し、廃棄物の分別に役立つ情報を提供している「ごみサク」は、スマホ買取サービスも展開しています。

リユース、リサイクルに関心を持つ企業が提供するスマホ買取サービスでは、より効率的な取引ができるよう、申し込みから下取り、決済までをすべてオンラインで完結できるシステムが採用されました。買い取った端末は自社で改めてデータ削除を行うため、個人情報漏えいの心配もありません。

すべてオンラインで完結できることは、ユーザーが「思い立った時にすぐ手続きできる」という強みにつながります。

手続きや本人確認がオンライン上でできるほか、端末の発送は宅配業者が自宅へ直接行ってその場でおこなわれるため、仕事や学業で忙しい、下取りのために外出する機会がないなどの事情がある人にとって利便性を感じられるでしょう。

また、発送する前にスマホ上で「簡易査定」ができる機能があり、その場で仮査定価格が判明します。おおよその価格が把握できるため、売却する・しないをすぐに決められることもメリットです。

スマホに限らず、タブレットも買取対象になっています。興味を持ったかたはぜひ「ごみサク スマホ・タブレット買取」をチェックしてみてください。

 

関連コラム

  1. ごみ分別って?外国の方に理解してもらう方法を伝授!

  2. 食べ残しが資源に!飼料やエネルギーになる食品残渣とは

  3. マイボトルは不便?マイボトルの選び方や給水スポットをご紹介!