現場の声から生まれた、環境配慮型「自治体専用ごみ袋」

有料指定ごみ袋には証紙的な性質があり、品質の確保や安定的に流通させることが課題となります。弊社は市民の方々や収集員の方々だけでなく、自治体ご担当者様の声から生まれた、自治体専用ごみ袋をご提案致します。

解決できる課題1

安定供給:徹底した品質管理・流通管理を実現致します。

解決できる課題2

環境配慮:ご要望に応じ、環境に配慮したごみ袋をご提供致します。

解決できる課題3

生ごみ問題にも

特徴1.安全グリップ付ごみ袋「自治袋くん」

“自治袋くん”製造工場では、ごみ袋1枚毎に異なった生産履歴番号を印字しています。また、全製造工程を動画で24時間録画(生産履歴映像として保存)しています。 これにより、万が一、トラブルや不具合が発生した場合でも、履歴番号から履歴映像を検索し、正確で迅速な原因究明・対応措置が可能となります。

特徴2.環境配慮型ごみ袋

自社で発生した印刷ロス・製造ロス品を活用した再生原料入りごみ袋、外袋を削減する為に紙ラベルで簡易包装したごみ袋、再生PET入りのごみ袋等、環境に配慮した袋をご提供致します。

特徴3.生分解ごみ袋

生分解ごみ袋は、生ごみと一緒に分解されるので、袋ごと地中に埋めたり、コンポストに投入が可能です。さらに、分別作業や破袋作業が不要となります。

機能

自治体様のご要望に合わせて、最適な袋をご提案致します。

価格

数量、種類、仕様に基づき、個別にお見積させて頂きます。

導入の流れ
  • STEP1
  • STEP2

お問い合わせ

「お問い合わせフォームに」に必要事項を入力いただき、送信してください。また、お見積依頼についても承っております。
※お電話からもお気軽にお問い合わせください。

弊社営業がお伺いし、本商品についてご説明いたします。

直接お時間を頂ける場合、本サービスの特徴や事例をご紹介させていただきます。

関連製品・サービス

  1. 偽造・不正利用を防ぐ証紙としての「粗大ごみシール券」

  2. 100以上の自治体アプリを動かしているサービス「パーズ」

  3. AI・高性能チャットボット「スグレス」